レビトラ(LEVITRA)の効果

レビトラ(LEVITRA)の効果、口コミ、評価、評判、最安価格など

*

レビトラの副作用

   

レビトラは含有されている有効成分バルデナフィルが、血管拡張・血流促進作用を持つGMPを壊して勃起を終了させる体内酵素PDE5の働きを抑制することにより、勃起した状態を維持します。そのため血管が拡張されて血液の流れが良くなりすぎるという症状が全身に表れ、副作用が起こってくるのです。

具体的な副作用の症状としては、頭痛や顔のほてり、目の充血、動悸やめまいなどがあげられますが、鼻の粘膜の血管も拡張してしまうので鼻づまりをおこす人もいます。また周囲の物が青く見えたり、光に敏感になってまぶしく感じることもあります。特に20㎎のレビトラ錠はかなり効き目が強いので、それにともなって起こってくるさまざまな副作用にも注意が必要です。

レビトラには併用禁忌となっている薬もたくさんあります。硝酸剤を使用している人は錠剤はもちろん吸入薬やスプレーなども、血管拡張効果が強力になりすぎて血圧が急激に下がる危険があるのでレビトラを処方することはできません。HIVなどの抗ウイルス薬、服用するタイプの抗真菌薬を使用している人も、レビトラの血中濃度が上昇しすぎるなどの理由で併用をしてはいけないことになっています。不整脈の薬を飲んでいる人も、心臓の動きに異常があらわれることがあるので併用禁止になっています。

 - レビトラ基本情報

  関連記事

レビトラの飲み方

レビトラは性行為を行う約1時間ほど前に、ミネラルウオーターや浄水器の水などで服用 …

レビトラの価格

レビトラは医師の処方箋が必要な医薬品なので、薬局やドラッグストアで簡単に購入する …