レビトラ(LEVITRA)の効果

レビトラ(LEVITRA)の効果、口コミ、評価、評判、最安価格など

*

レビトラ(LEVITRA)とは

ED治療薬レビトラとは

レビトラはED治療薬としてバイアグラの次いで2番目に承認された薬です。製造しているのは世界的に有名な医薬品メーカーであるドイツのバイエル製薬です。錠剤の外観は、青いバイアグラに対しオレンジ色になっています。レビトラはバイアグラ同様に薬価基準未収載であり、どこの医療機関でも保険適用外となり自費診療になります。

日本でもバイアグラが発売された翌年には認可され発売開始のはこびとなりました。 2004年には5mgと10mgの発売が開始され、遅れること3年、2007年に20mgも発売されました。

「EDは話すことから始ります -Talk About ED-」というキャッチフレーズで発売当初は宣伝されていました。「ラーラーラーバーイエール♪話しに行くんだー♪ラーラーラーバーイエール♪イーディー(ED)のこーとー♪」という歌とともに草刈正雄さんがブランコをこいでいるTVCMを覚えている方もいるのではないでしょうか?

レビトラは現在では非常に人気の高いED治療薬となっています。実際の多くのランキングサイトなどではバイアグラより高い順位にランキングされています。

名前の由来についてですがレビトラは英文で「LEVITRA」と書きます。ラテン後で生命を意味する「vitra」つまり「男性の生命」という意味が込められ名づけられました。

レビトラの特徴は一言でいえば、食事の影響を受けにくいED治療薬です。従来のED治療薬であったバイアグラの効果が食事やアルコールの影響を受けやすいのに比べ、レビトラは比較的に影響されにくいといわれています。

レビトラの効果

男性が性的な刺激を受けて興奮をすると神経から一酸化窒素が放出されますが、一酸化炭素はペニスの細胞内に、GMP(サイクリックグアノシン―リン酸)という血管を拡張させて血液の流れを促進する物質を作り出します。このGMPの働きでペニスに大量の血液が流れ込むことによって、勃起は起こります。

ところが身体の中には勃起を抑制する作用を持つ体内酵素も存在しており、PDE5(ホスホジェステラーゼ5型)とよばれています。勃起状態が継続していつまでも終わらないと困るので、PDE5がGMPを壊すことによって血管が収縮し勃起がおさまるという仕組みになっているのです。

ED治療薬レビトラには、勃起を阻害してしまう体内酵素PDE5の働きを弱めるバルデナフィルという有効成分が含有されています。バルデナフィルがGMPを破壊し勃起を終わらせる体内酵素PDE5の働きを抑制するので、レビトラは勃起力を強め勃起状態を持続させるという効果を持っているわけです。

レビトラの有効成分バルデナフィルはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルとよく似ていますが、体内への吸収が早いのでバイアグラよりも即効性があり食事が効果にもたらす影響が小さくなっているという特徴があります。

レビトラの種類

レビトラはドイツに本社があるバイエル製薬という会社が開発、販売を行っているオレンジ色の円形をしたED治療薬で、5㎎、10㎎、20㎎という3種類が日本で発売されています。
2004年に5㎎と10㎎、3年後の2007年に20㎎の発売が開始されましたが、現在実際に処方されているのは10㎎と20㎎だけです。5㎎では効き目が弱すぎるとされ、ほとんど使われることはありません。

levitira

レビトラの10mgと20mgでは効き目が違い、当然20mgの方が勃起作用を促進し持続する効果が強く表れ、効果の持続時間にも10mg は4~5時間、20mgでは8~10時間という違いがあります。レビトラの20mgはバイアグラの50mgよりも効き目が顕著に表れると感じる人も多いといわれており、そのぶん頭痛や顔のほてり、動悸やめまいなどの副作用も増してしまうので、はじめは10㎎から試してみることがおすすめです。

10㎎でも十分に効果を得ることができるのにいきなり20㎎を使用してしまうと、レビトラの持つ強い血管拡張・血行促進の副作用が出てきてしまい効果以上に副作用に悩まされる場合も考えられるので、10㎎を使用してみて効果が弱いと感じたときに20㎎の使用を検討するとよいでしょう。

 

 

 

 

 

>>レビトラに関する詳細情報及び最安価格はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:
最終更新日:2015/05/13